fc2ブログ

理想の上司

新卒アンケートで理想の上司1位が池上彰さん、2位が松岡修造さん。
これって会社規模によりそうですよね。

超大手企業の役員で池上さんは素敵ですね。
国内圧倒的シェアを占めてる独占事業の社長が松岡さんも素敵です。

でも、中小企業で競争の渦に巻き込まれてる、営業職の上司が松岡さんなら
『大丈夫!続ける君がステキなんだよ!』と、契約とれるまで一緒に同行営業とかきついっす。
夜中まで仕事
『一緒に朝日を見ようぜ!』

池上さんも中小企業の部長クラスなら
『本来、残業とは効率よく働くといらない物なんですよね。
おそらくは、効率が悪いのでないか?
ハイ、ここであなたのタイムカードを見てみましょう』

ぐうの音も言えないぞ。

ひと昔前は、ビートたけしさんや、星野仙一さんだったかな。

いつも思うが理想の部下ランキングって無いのかな?

補足
昨日の営業で。
少しピリピリに。
あんだけパンパンに予約入ってるのに、しかも新しいメニューとかもあったのに、
準備が出来てないのに問題があるんだよね。

昨日入った予約でないでしょ?
どう考えても3月で一番忙しい日なのに、そこに対する準備、心構えが出来てないんよ。
同じ事繰り返したらあかんで。
スポンサーサイト



コメント

公金チューチュービジネス

 NPO法人理事が、無免許で生活保護受給者に住宅を仲介していた事件で、同法人の斡旋で大阪市内の賃貸住宅に入居した受給者の一人が、家賃などの名目で、同法人に月約8万円を支払うよう要求されていたことがわかった。浪速署は同法人が保護費の一部をピンハネしていた疑いがあるとみている。同署は19日、同法人「ヒューマンサポート大阪」理事・橋本孝司(63)、元「ピタットハウス天満店」経営の不動産会社社長・山手賢二(39)両容疑者を宅建業法違反容疑で送検した。
 市関係者によると、受給者は昨年4月、同法人関係者に伴われて区役所を訪れ、保護を申請。家賃4万2000円を含む月約12万円の支給が認められた。入居時の契約では、家賃は家主の口座に振り込むことになっており、受給者が同法人の関係者に口座番号を尋ねたところ、「家賃は我々に渡して」と言われ、同5月、約8万円を請求された。
 受給者が「生活できない」と支払いを拒むと、同法人関係者らが受給者方を訪れ、ドアをたたきながら「支払わなければ、保護を打ち切るよう市に言うぞ」などと詰め寄った。深夜2時や3時にやって来ることもあり、受給者は同6月、区役所に相談した。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する